シアトリカル・プラネタリウムmission33

このロケットが飛ぶまでの、色々のゴタゴタの。

2016年3月25日平塚市博物館公演、シアトリカル・プラネタリウムmission33「そらをとぶまで」、昼夜2回、無事に終了いたしました。

ツイッターやホームページに掲載いたしました通り、急病によりゲスト出演者の降板があり、急遽公演5日前から作品の大幅な手直しをいたしました。

配役の変更や、構成の直し、パンフレットや映像にも変更が及ぶ大手術でしたが、前日なんとかゲネプロを通過して、昨日の開演を迎えられました。

3人のシーンを2人用に書き換えたり、新しい役をピンチヒッターにあてたり、配役を変えた結果変わってしまった性別に併せてセリフを変えたりと、大幅な変更とその稽古を行い、可能な限り、演出意図をそのまま届けるつもりで、メンバー一同精一杯の公演をしましたが、舞台はナマモノでもあり、至らぬところを作中に見つけた方もおられるかもしれません。
内輪の事情など、舞台の上では通用しません。

お詫びするとともに、ぜひ次回作でもう一度挽回のチャンスをいただけたらと思います。

夜回終演後、アンケートの回収率が75パーセント以上あり、とても好意的なお言葉をたくさん頂戴しました。

感謝の気持ちとともに、私たちはそれに甘えずに、夏の次回作も最高傑作を目指してがんばりたいと決意を新たにしました。

ご覧くださった皆さま、本当にありがとうございました。

また次回も、プラネタリウムでお会いできたら嬉しいです。

小林善紹(雑貨団代表)


LIVE CAST
じゃっかる
小林善紹
オグラミツヒロ

MOVIE CAST
オグラミツヒロ
やしろのりこ

act1
宇宙人と地球人 地球人・品唐つよしの友人で宇宙人の「犬塚」は、突然地球に別れを告げて去る…。
act2
漁師と交渉役 発射台の建設許可を求めにやってきた宇宙航空事業団の近衞は、反対派の漁師・義岩と出会う。
act3
候補生と試験官 宇宙飛行士候補生となった品唐は、マネージャーのガニーの見守る中、大激論の圧迫面接を受けることになる。
act4
天文学者と海洋学者 天文学者の鈴森と、海洋学者の蔓紫。長い時間を過ごして来た二人に、静かな時間が流れていく…。
act5
技術者と責任者 宇宙飛行士にしてハンダ付け職人の半田が、小和田常務を相手に、今日も巨悪を叩き斬る!?
act6
訓練生と訓練生 訓練生の品唐と玉虫厨子。閉鎖環境の中で二人は、ギネス記録に挑むことに。見事ギネス認定士バドワイザーさんの認定を受け、ミッションをクリアできるのか。
act7
宇宙と人と人 再び、発射台建設候補地の海辺。近衞と義岩が導き出した答えは…。


STAFF
脚本・演出: 小林善紹
映像:小林善紹
音楽:Tu-g,
照明・装置:雑貨団
衣裳:長沼薫(guest)
制作:西池亜希子/小林善紹

プラネタリウム操作:平塚市博物館

※長沼薫降板のお知らせ
「そらをとぶまで」に出演予定でした長沼薫は、急病により出演を中止しました。
登場を楽しみにしておられた皆様に深くお詫びいたします。
公演は代役、代演出により予定通り行います。

雑貨団の雰囲気。


全国プラネタリウム協議会の
群馬大会で公開されたPVです。
※映像は過去の公演映像から抜粋です。
※クリックするとYOUTUBEサイトへジャンプします。

平塚公演 無事に終了!

● 3/25(金)
平塚市博物館プラネタリウム(神奈川県)
14:30開演 / 18:30開演(2回公演・開場は開演の30分前)
チケット:200円(18歳未満、及び65歳以上の方は無料)
要予約・3月8日(火)10時から、博物館へ電話でお申し込み。定員各回60名

平塚市博物館

TEL.0463-33-5111

〒254-0041 神奈川県平塚市浅間町12−41
http://www.hirahaku.jp/planetarium/index.html
【電車をご利用のお客さま】
JR東海道本線平塚駅より徒歩15分、またはバス