雑貨団「水深」

2001. 01. 12 (Fri.) - 14 (Sun.)

南阿佐ヶ谷 アルテ・パティオ

「ソノスベテガ 君ニ逢ウタメノプログラム。」


 水温・水月・水深。3部作の最後を飾る今作は、作品群の水面下に挙げられた「生きて、繋いでいく」というテーマに一つの答えを導きだすべく製作された。

 親が子を生み、子が親のイノチを伝えていく。悪い部分も、いい部分も、そうして長い時間をかけ、紡いでいく・・・。何度も、何度も繰り返す。どこかに辿り着く為に。

「つないで、つないで、ここまで来たのは人を殺した血、それだけ?」

「人を憎んだ血、それだけ?」

「人を裏切った血、それだけ?」

「まだ、なんにでもなれるでしょう?生きて、息をしているうちは」


museum 水深衣裳展


BACK!