グリーンフル・プラネット

2001.08.18-19

長野市立博物館プラネタリウム

 「トベル?」のキャッチコピーとともに、雑貨団を次なるステップへ翔ばすべく製作されたシアトリカル・プラネタリウム第6作。

 退屈な毎日を「革命」したいと日々願う「ロゥラ」は、宇宙船の事故から地球に降り立ったカラダを持たない宇宙人「シンピェン」と、彼にカラダを預けた「カズラ」に出逢う。シンペンを宇宙に帰すべく四苦八苦するうちに、ロゥラは毎日と、革命の意味を知る。

 シンプルな舞台セッティングにプラネタリウムと生バンドの構成。シアトリカル・プラネタリウムは6作目にしてついにその落ち着き先を見つけた。ような気がする。かも。って。


あらすじ・ロゥラとカズラの『シンピェンは今どっち!?』

駄文・びゅープラネ初参加!

駄文2・BENシロート芸人ついにデビュゥ


[閉じる]